武蔵野三十三観音霊場第1番・長命寺 長命寺ご詠歌:はるばると高野の佛移したる谷原の寺にまづは手を打つ
石仏群と武蔵野の自然に囲まれた長命寺

西部池袋線の石神井公園駅北口を出て、東に800メートル、練馬高野台駅より北に150メートル行くと左側に大門が見え、門前に『東高野山長命寺』と書かれた石碑が見えてくる。当山は和歌山県にある高野山奥之院を模して寺域が作られており、江戸時代中期より「東の高野」として江戸市民の信仰を集めていた。

本尊は寛永17年(1640)に大和長谷寺小池坊(奈良県)の秀算が長谷寺本尊十一面観音を模し、同木にて観音像を作り金堂(観音堂)に安置したが、これまでに2度の火災に見舞われたが復興されている。

金堂より西北部にある奥之院には、長命寺開基である慶算阿闍梨が、高野山にて感得した弘法大師像が安置されている。奥之院に到る参道には多くの供養塔が建てられ、御廟橋や蛇柳が配せられている。大師堂の周囲には十三仏石像、閻魔十王石像等の石仏郡が整然と配置され、この一帯の景観は石仏群の迫力と武蔵野三十三観音霊場第1番長命寺残された自然により、霊場として深い静寂を漂わせている。これらの石仏群は東京都の史跡に指定されている。また、当山は府内八十八ヶ所霊場の17番とされている。

宗派 … 真言宗豊山派
本尊 … 十一面観音
所在地

〒177−0033
東京都練馬区高野台3−10−3
電話03−3996−0056

徒歩

西武池袋線・練馬高野台駅から徒歩5分
石神井公園駅から徒歩8分。

自動車

環八通り、順天堂大学病院前交差点を西に曲がる。
境内に駐車場あり。

詳細な地図を表示する

設備

駐車場  バス0台、乗用車60台
観音堂(金堂)
賽銭箱
香炉

主催行事

植木市

3月21日〜23日・4月21日〜23日
午前9時〜午後5時
一般参詣自由

除夜の鐘

12月31日  23時〜1時
一般参詣自由

年中行事

奥之院御開帳

4月21日  4時〜16時
参詣自由

みどころ
春

境内にある桜の木と東参道から奥之院にかけて植えられた梅

夏

本堂(不動堂)の前にある菩提樹が小さな花をつける(東京都保存樹に指定)

秋

奥之院参道の周囲の森が赤や黄色となり秋の風景へと色とりどりに変えていく

冬

イチョウの木が早朝から一日中銀杏の実を小さな音をたてて落とし、それを集める人々

武蔵野三十三観音霊場
トップおしらせ開創65周年記念法要交通案内巡礼の心得と参拝方法
各寺院のご案内ご意見・ご感想リンク