武蔵野三十三観音霊場第2番・道場寺武蔵野三十三観音霊場第2番・道場寺
武蔵野三十三観音霊場第2番・道場寺 武蔵野三十三観音霊場第2番道場寺ご詠歌:山吹の雄叫び悲し豊嶋山しみ出づ水は恵なるらん

本山の開創は遠く天平元年(729)と伝えられている。時移り、鎌倉建長寺開祖、蘭溪道隆大覚禅師を請し、建長5年(1253)参学の道場とした。その後藤原景村の養子北條輝時は、姓を豊嶋兵部大輔とし、堂宇を整え香華所とし豊嶋山道場寺と号したのが応安5年(1372)である。しかし豊嶋氏は文明9年(1477)に太田道灌に敗れ、諸堂宇は灰燼に帰した。100余年を経た永禄5年(1562)に、北條氏康より寅朱印(土地等の免税の許可書)を拝領し、寺宝として保存されている。

その后、法燈の絶えるをうれいて、開基和尚は勝光院2世を請し開山とし、慶長3年(1598)に中興した。現在の堂宇は天平の往時を偲び、唐招提寺金堂を模し、堂内には木彫りの三尊仏、等身大の聖観世音像及び薬師如来が安置されている。境内には山門、鐘楼、三重塔(総欅材)が建立されており、特に三重塔内の金銅薬師如来坐像台座に、スリランカ国より拝受の仏舎利も奉安されている。武蔵野三十三観音霊場第2番道場寺ほかに豊嶋泰経一族の墓並びに練馬区最古の青石塔婆(文応元年・1260)他、出土した土器石器もある。

宗      派 … 曹洞宗
本      尊 … 釈迦如来
札所本尊 … 聖観音
所在地

〒177−0045
東京都練馬区石神井台1−16−7
電話03−3996−0015

徒歩

西武池袋線・石神井公園駅南口から石神井公園を経て徒歩18分。または上井草経由荻窪行き西武バス、JA東京あおば前下車、徒歩2分。

自動車

石神井公園を目指し、井草通り、石神井小前交差点を西へ。境内に駐車場あり。

詳細な地図を表示する

設備

駐車場 バス1台、乗用車20台
観音堂(本堂)/賽銭箱(本堂内)

主催行事

除夜打鐘

12月31日 0時〜1時
先着百組乃至百人のみ

早朝座禅会

5時半〜6時半
月曜日は休み・1ヶ月は継続できる人

年中行事

元旦祝祷会

1月1日  1時  参詣自由

大般若祈祷会

5月8日  14時〜16時  参詣自由

大施餓鬼会

7月1日  14時〜16時  参詣自由

みどころ
春

花水木、山吹、色とりどりの椿の園、特に杏の花の可憐さは桜花より見事です。

夏

雨にけむる樹々の緑は、いながら森林浴にひたり、心洗われる境内のたたずまいです。

秋

あちこちに配置された萩の紅白、やがて全山燃えるモミヂの紅さにつつまれ銅葺屋根の青さが眼にしみる。

冬

全て四季の花を見終わった後、雪の中にそびえる三重の塔の重厚さは格別です。

武蔵野三十三観音霊場
トップおしらせ開創65周年記念法要交通案内巡礼の心得と参拝方法
各寺院のご案内ご意見・ご感想リンク