武蔵野三十三観音霊場第5番・多聞寺武蔵野三十三観音霊場第5番・多聞寺
武蔵野三十三観音霊場第5番・多聞寺 武蔵野三十三観音霊場第5番多聞寺ご詠歌:ひばり鳴く武蔵野恋し南沢多聞の知恵と聞けや松風
合格祈願と除災招福の多聞寺

武蔵野の面影を残す当地に悠久の歴史を秘めて佇む当山は、真言宗智山派に属し元仁年間(鎌倉時代)に草創され、天満宮を安置して梅本坊と号している。凡そ100年の後、祐観上人が止住して毘沙門天を本尊とし、寳塔山吉祥院多聞寺と寺号を改めたが、天満宮は今なお本堂に祠られ学問の神として参詣者も多く訪れている。

更に毘沙門天は七福神のひとつに数えられ、除災招福の功徳尊として信仰されている。また、当山は武蔵野三十三観音霊場第5番の札所の他、多摩四国八十八ヶ所第37番の札所でもあり、東久留米市七福神巡りの1寺でもある。

また、10月14・15日には『獅子舞』が境内一杯繰り広げられ、市内はもちろん近郷在住から大勢の見物客が訪れ勇壮な舞に酔いしれている。
この『獅子舞』は江戸時代のはじめ頃、伊勢から東久留米市南沢に伝えられたもので多聞寺境内と鎮守南沢氷川神社で五穀豊穣の年の秋祭りに実施さ武蔵野三十三観音霊場第5番多聞寺れる。
今日では、3年ないし4年ごとに行われている。

宗      派 … 真言宗智山派
本      尊 … 毘沙門天
札所本尊 … 十一面観音
所在地

〒203−0053
東京都東久留米市本町4−13−16
電話0424−71−1234

徒歩

西武池袋線・東久留米駅から徒歩12分。

自動車

如意輪寺から都道36号線を北へ。栗原交差点あたりを左折して、都道234号線に入る。線路を越えて、南沢交番前交差点を左折。
門前に駐車場あり。

  詳細な地図を表示する
設備

駐車場 バス2台 乗用車10台
休憩所/納経所案内板/賽銭箱
観音堂(本堂)/灯明台/香炉

年中行事

初護摩会

1月1日  0時

彼岸会法要

3月彼岸入り  13時

大施餓鬼会

8月15日  15時−16時

彼岸会法要

9月彼岸入り  13時

みどころ
春

四月の桜のシーズンには、寺を囲んで五本の桜が開花、参詣を兼ねて花見客で賑わいます。

夏

梅雨期には、境内に植えられているアジサイの花々が参詣者の眼を楽しませています。

秋

晩秋ともなれば、庭一面に黄金色のじゅうたんを敷き詰めたように黄色に染まった銀杏の葉が舞い落ちる。

冬

降雪の時には、境内にたつ観音像があたかも白衣を纏うがごとく神秘的な光景を見せてくれる

武蔵野三十三観音霊場
トップおしらせ開創65周年記念法要交通案内巡礼の心得と参拝方法
各寺院のご案内ご意見・ご感想リンク