武蔵野三十三観音霊場第6番・全龍寺武蔵野三十三観音霊場第6番・全龍寺
武蔵野三十三観音霊場第6番・全龍寺 武蔵野三十三観音霊場第6番全龍寺ご詠歌:安松の清戸の里に吹きせなる慈悲の法かぜ千代に変らず

当山は慶長元年並木主水正安松を開基とし、浄牧院九世玉室應珍和尚の開山である。貞享4年、明治13年と2度の火災によって記録及び什物の類は殆ど焼失し、詳細は不明である。

清瀬市内6ヶ寺の中、15石の御朱印寺は全龍寺只1ヶ寺のみである。武蔵野三十三観音霊場第6番全龍寺戦前は中清戸の3分の1は寺有地であったが、農地解放により20町余を失い、現在境内地は3000坪足らずになった。

宗      派 … 曹洞宗
本      尊 … 釈迦如来
札所本尊 … 一葉観音
所在地

〒204−0012
東京都清瀬市中清戸1−524
電話0424−91−0020

徒歩

西武池袋線・清瀬駅から徒歩12分。または志木行き西武バス、水天宮前下車、徒歩2分。

自動車

多聞寺より野火止1丁目交差点で小金井街道を右折。郵便局前を右折して志木街道へ。水天宮前を過ぎて右折する。門前に駐車場あり。

詳細な地図を表示する
設備

駐車場 バス5台、乗用車50台
公衆便所/本堂
賽銭箱(本堂内)

年中行事

観音講

4月18日 13時−13時半
参加自由

地蔵講

8月23日 16時−16時半
参加自由

武蔵野三十三観音霊場
トップおしらせ開創65周年記念法要交通案内巡礼の心得と参拝方法
各寺院のご案内ご意見・ご感想リンク