武蔵野三十三観音霊場第15番・松林寺武蔵野三十三観音霊場第15番・松林寺
武蔵野三十三観音霊場第15番・松林寺 武蔵野三十三観音霊場第15番松林寺ご詠歌:吹くからに世の荒波高けれど心静けき松風の音
千手観世音菩薩の霊場

吟龍山松林寺は、道元禅師を開祖とする曹洞宗の寺院である。所沢市安松にある長源寺を本寺とし、安永9年(1780)から嘉永3年(1850)にかけて、伽藍の整備を完了するも、大正2年に火災に遭い、本堂、庫裡等ほとんどの伽藍を焼失した。

しかし翌大正3年には仮本堂を再建し、昭和40年には梵鐘を再鋳、昭和46年には庫裡を新築し、そして昭和51年に現本堂を建立した。本尊は松久朋琳作の釈迦牟尼仏である。さらに平成3年に薬師六角堂を再建し、現在の姿となる。

この薬師堂の本尊、薬師瑠璃光如来は、明治18年、東京上野の寛永寺山内、成就院より縁あって、当寺に奉祀され、長らく常吉薬師として親しまれてきた。近年特に老朽荒廃が著しく、総桧造り銅板葺き六角堂として、あらたに日光菩薩、武蔵野三十三観音霊場第15番松林寺月光菩薩の両脇侍を新彫りし、仏画十二神将を奉祀、仏具荘厳具一式を新添して、新築建立されたものである。

宗      派 … 曹洞宗
本      尊 … 釈迦如来
札所本尊 … 千手観音
所在地

〒359−1167
埼玉県所沢市林2−147
電話04−2948−1839

徒歩

西武池袋線・狭山ヶ丘駅から徒歩25分。妙善院からは徒歩30分。林交差点を北へ入り、火の見の手前を右折し、山門より入る。

自動車

妙善院から北上し、林小前交差点を左折し、林交差点を右折、火の見の先を右折。
境内に駐車可。 詳細な地図を表示する

設備

駐車場
公衆便所

主催行事

参禅会

毎月第2日曜日  6時〜8時

年中行事

元朝祈祷

1月1日

釋尊降誕会

4月8日

盆大施食会

7月20日  10時〜12時

みどころ
春

梅桜、ぼたん、つばきなど

夏

金銀もくせいとさるすべりが咲く

秋

四季と通じて松が美しい

冬

寒つばき

武蔵野三十三観音霊場
トップおしらせ開創65周年記念法要交通案内巡礼の心得と参拝方法
各寺院のご案内ご意見・ご感想リンク