武蔵野三十三観音霊場第30番・福徳寺武蔵野三十三観音霊場第30番・福徳寺
武蔵野三十三観音霊場第30番・福徳寺 武蔵野三十三観音霊場第30番福徳寺ご詠歌:山の端にさす日影に阿弥陀尊道一筋に笑み絶やすなく
国重文の阿弥陀堂と県重文の阿弥陀三尊の寺

武蔵野三十三観音霊場第30番福徳寺建暦2年(1212)の創立で、開山は、宝山禅師と伝えられている。永く無住であるが檀家一同の深い信仰心に護られて今日に至っている。
御本尊聖観世音菩薩様は、参道正面の本堂に奉安されているものの拝観はできない。本堂より下の位置にある国指定の阿弥陀堂内には、県指定の善光寺様式の一光三尊の阿弥陀三尊像が居られ、重要文化財を護持している寺として有名である。

所在は、秩父街道(国道299号線)を吾野へむかう途中に東吾野駅がある。この先を200米程で右へ折れて虎秀谷を400メートルの所に美しい緑の中に御堂が見えて来る。

福徳寺の御納経所は、国道299号線を吾野方面に1200メートルほど行くと、同じ臨済宗建長派の禅寺興徳寺がある。

尚、福徳寺の阿弥陀堂は、例年4月15日と11月14日の午前10時頃から12時頃まで御開帳している。

武蔵野三十三観音霊場第30番福徳寺★重要文化財の阿弥陀堂

また、7月16日には、大施餓鬼会の法要が厳修され、その時を含めて、年3回は、聖観世音菩薩様と、阿弥陀三尊如来様を拝むことができる。
福徳寺と興徳寺の地図を見る

宗      派 … 臨済宗建長寺派
本      尊 … 釈迦如来
札所本尊 … 聖観音
所在地

〒357−0204
埼玉県飯能市虎秀71
電話042−978−1272(興徳寺)

徒歩

西武池袋線・東吾野駅から徒歩15分。長念寺からは徒歩40分。福徳寺から興徳寺まで徒歩20分。

自動車

長念寺から秩父方面へ国道299号線を進み、市立病院を過ぎたあたりを右折。大型バスは進入不可、路上駐車。興徳寺へは国道に戻り秩父方面へ。道路沿い右側。
門前に駐車場あり。 詳細な地図を表示する(福徳寺の所在地)

設備

公衆便所
本堂
詠歌額
阿弥陀堂

主催行事

阿弥陀堂の御開扉

11月14日

年中行事

降誕会  花まつり

4月15日

みどころ
春

推定400年は経つと云われている処のしだれ桜が、みごとに咲き、小鳥飛び交う美しい木立の中にあり。

夏

高麗川の流れ清らかに、子供の遊ぶ声あり。清流と緑の桃源郷、東吾野虎秀の里に人の住むあり。

秋

夕焼けを西は秩父の山々に見る山寺、西川材の里。秋風吹き落葉あつめて煙のぼる家々の庭あり。

冬

つめたく澄みきった空気を体に取り入れ、元気な老人達のゲートボールを楽しむ賑やかな広場あり。

武蔵野三十三観音霊場
トップおしらせ開創65周年記念法要交通案内巡礼の心得と参拝方法
各寺院のご案内ご意見・ご感想リンク